ライティング監修03

ストーカーに間違われみたいにな

りました(汗)

今回は自作アイテムは抱えろ

んですが、セドリ品でNEWページ

を出品して要る人物にも必須にな

って生じる定義だ。

依然として実践されていない人物はいま

から意識して取り組んでみて後述

さいね!

近頃、「クラウドワークス」や

「シュフティ」などのアウトソ

ーシングサイトを見ていて思っ

たのですが、、、

Amazonの商品ページリサーチを委嘱

化しているセラーが多い様子が

あります。

私もそのうちの1お客様なのですが、

Amazonは楽天に比べるとまだまだま

です全体的に商品ページのクオリティーが劣

って要る感じがするんですね。

当然楽天のほうが、ランデ

ィングページという縦長のペー

ジでフレキシビリティーが高いですので、

Amazonに対してハードルが高めな

ので差が出やすいは

確かにあります。

但し、それを差し引いても

一際フォトのリサーチ込みには随分

差があると感じますね!

私なりにその相違を考えてみたの

ですが、まずの答えとしては

商品ページ製作を委嘱やる

規則によって

“ディレクションができていない”

のではないかと思います。

ディレクションは総運用をといった

ることなのですが、商品ページ

製作で言うとページ全体のイメ

ージを委嘱さんに広めるニーズが

あります。

メインやアイテムのプロパティ、それ

を表現する人真似などになりま

すね。

これを委嘱職員にじっくり

申し立てることが非常に必須!

クリア絵図がしっかりしていないの

に撮影したフォトを使ったり、

用意されたフォトを加工する状態

それでも意図も何も持たずに

デザイナーさんに任せすぎてし

まうといった、、、

自分で吊り上げるから”時間的見解”で

はマシですが、はなはだ出来栄え

が悪いページが出来上がってし

まいます。

委嘱化は人的レバレッジでスピードアップ

系に質の高い労働を進めて

出向く上で非常に重要な要素です

が、それを一概にコントロールできて、

ゴールを保ち、導けるように意図

識といった用意が必要です。

委嘱さんの募集をする前に、是

非このようなことを見直してみ

てください。

今までよりも一段、ツー

型上のレベルの商品ページ

が出来上がりますよ。

今回の定義で一番重要なポイン

トは相手や委嘱、スタッ

フというステークホルダーといった

”ゴールを共有する意味”にあ

ります。

手続きをただ依頼しただけでは、

それを講じる狙いが不明確になり

ますので、ゴールをぐっすり

言葉化し唱えることが重要にな

ります。

因みになのですが、、、いま

色んな奏者の皆さんという明かし

ていると

====================
「狙い」といった「目標」の主旨が
はっきりしていないお客様
====================

が非常に多いといった感じました。

こういう格差を明確にしないといった、恐

らく多くの人達が間違った道標

を委嘱さんに示すことになりま

すので、、、このサイトです